虚構推理
  • 記録数 : 244
  • 感想数 : 24

エラー

    良くない
    普通
    良い
    とても良い
    文字

    自分の記録

    記録はありません

    フォロイーの記録

    記録はありません

    みんなの感想

    とても良い

    六花さん、こんな都合の良いキャラありですかね...笑
    ついに戦いは最終段階へ...どうなりますかね~...
    そして掲示板の様子は少しずつ変化していきましたね。
    ついに決着が付きそうです。最終回に続きます。

    とても良い

    レディーパフェクトリーですねw

    とても良い

    なるほど。それぞれの推理の結果自体は否定されても、その結果に至るまでの家庭は残り、それらの要素をもって掲示板の住人に推理してもらうというアプローチ。なかなか鋭くて好き。

    やっぱ胸か・・・

    とても良い

    よく出来てるな。まさか前段の3つも前振りだったとは。
    件に勝つだけではなく、最終的に管理人である六花を追い詰めることまで目論んでて、おひいさますごい。

    とても良い

    なぁるほどな!と思えるエピソードでした。
    今までの虚構はあくまでもピースで、あとは名無し共に解決させると。面白いのが好きな野郎共は勝手に「犯人は七瀬本人であり、サイト管理者である!幽霊は彼女がでっち上げた」という答えを前提を元に推理されちゃあ、幽霊なんて無かったことにされますからね。

    ただ、今までの虚構をもうちょっとコンパクトにまとめられなかったかなぁ?と思います。とはいえ、原作でもかなりの長編らしいので、仕方ないですね。

    というか調べたらそもそもが原作小説自体が「虚構推理 鋼人七瀬」で、コミカライズは終わった後に原作作りつつコミカライズ続行という流れなので、この話数で丁寧に作るのは納得でした。メインの話がコレならそうだよなと。

    とても良い

    あーーーー解決策をいくつも用意したと思ってたけどそうか。
    それぞれに布石を置いてあったんだな。

    しかし死んでなくて生きていることにされた七瀬かりん、今度はそういう存在として生まれたりしないのかな。
    限りなく生きている人間に近い亡霊みたいな感じに。
    まあ流石にそうはならないか。

    良い

    今までの解決を布石にし、解決第4で弱まる。
    まとめサイトの管理者、鋼人七瀬は存在するかしないか。

    良い

    なるほど。まるで、記号論や思想史を思わせるような論理展開。思想史上では、様々な論者の結論ではなく部分の要素が後の思想の骨子として継承されることがある。Aの結論は支持されないが、途中の傍論は肯定され、Bの結論を導き出す一要素となる、といった具合いに。この構造はポストモダニズムにおける脱構築とも似てるかと。
    今は、DNA鑑定が比較的容易なので、他人と入れ替わりを殺人のトリックに使うのは無理筋だと思うけど、全体の筋が通っていると感じられれば、そこは仮定として扱われるから効果はあるってことか。

    六花の目的がいまいちよく分からない。自分と無関係な他人を傷つけたり殺してまで、鋼人七瀬を強化して未来決定の力の可能性を確かめたい動機が何なのか。
    真の咎められるべき罪人が六花であることだけは事実なわけで。

    良い

    Aさん
    替え玉か~
    ミンチよりひでぇや
    すり替わり後あらかわ
    ホテルマンwww
    構ってちゃんw
    寺田さん…胸のサイズwww
    酷い嘘だw

    良い

    確かに管理人が七瀬かりんは食いつきが良いよなw

    良い

    Aさんかわいい
    考察班ウキウキ
    とんでもない大けがも治るのにかすり傷は残るのどういう?
    ここまで盛り上げられる岩永の話術もすごくね

    良い

    一個一個の解決策で布石を打ってきた結果。鋼人七瀬はいないという方向性で考える遊びに切り替えた。犯人は七瀬カリンという無茶な嘘に収束させた

    良い

    掲示板の管理人が入れ替わった七瀬だという答えは、
    今までの推理をうまく生かしてて、やるやん、って感じだったね。

    ただ、それにしてもこの話引っ張りすぎだと思うけどね。

    良い

    今まで積み上げてきたことを重ね合わせて虚構に仕立て上げるか。
    次でいよいよ決着で最終回かな?
    鋼人七瀬についての虚構は面白かったんだけども、ちょっと冗長だった気もしなくもない。

    良い

    待ちに待った真の解決編
    やはり推理モノに於いて探偵が真実を明らかにする瞬間というものは興奮するものです
    本作では真実ではなく虚構なんだけどね

    ここまで辿り着くのに随分時間がかかったが、それもその筈。琴子は解決と偽って3つの虚構によって仕込みをしていたわけだね
    鋼人を消すには人々を納得させなければいけない。そして納得するにはただそれらしい解決を授けるのではなく当人に推測させなければならない
    人は誰かに貰った答えよりも自分が見つけた答えを信じるものだから

    その為に琴子が行ったのはこれまでの解決で示された要素を土台とした「七瀬かりんは生きている」という物語の披露
    その刺激的な物語に人々はこれまでに提示された解決を拝借して解釈を与えるようになる。
    そこに「サイトの管理人はかりんである」と更に刺激的な話を加えれば最早亡霊が信仰される隙はなくなる

    鋼人七瀬という不自然な存在の出現を肯定してきたまとめサイトが一瞬にして鋼人を否定する論拠となる瞬間は痛快
    鋼人は虚構から出現した存在。面白く刺激的な嘘によって成立したから、そこに別の刺激的な解釈をぶつけられれば支持を得続けるなんて出来やしない
    ここで立花が下手な否定をした所で「管理人は七瀬かりんである」と疑われる根拠になってしまう徹底的な封鎖

    勿論、この解決は琴子の推理力だけでなく九郎が何度も死んで未来を決定し続けたから成し得たもの
    琴子だけでは足りず、また九郎だけでも足りなかった。二人の合力によって届いた虚構による虚構討伐
    うん、素晴らしい解決編でした

    普通

    警官が胸に反応したは大爆笑した

    結局4話から12話まで鋼人七瀬に使ったか…

    普通

    虚構とはいえ、入れ替わりはちょっと無理があるだろうに。

    普通

    推理材料を与えることでいない前提で推理させるのか...なるほど...
    相手の未来決定さえも利用しやがった

    普通

    さすがに入れ替わりを信じるほど大衆は馬鹿じゃないと思うが

    普通

    前回も言ったけど、決して悪くはない、寧ろある意味では非常に面白い。だけど、正直やっぱりこじつけと茶番が無理やり過ぎるのと「今の世相を反映した滑稽さ」がくどい。
    要はネットやSNSで、真偽不明の噂やデマの類に流されて、事の本質を「思考停止で放棄」した人々がリテラシーを枯渇させて、同調圧力に呑まれて行く様…
    世間が今現在、コロナ渦に起因するデマや詐欺まがいの犯罪行為に踊らされている様子を如実に風刺しているようなタイムリーさと、反してその恐ろしさが描かれているようで、その虚構とは言え生々しさと、表現手法に若干の嫌悪感もある。
    ただ、次回でこの事件にも一区切りになるようだけど、琴子や九郎の過去や背景を実は殆ど掘り下げていない消化不良感をなんとかしてほしいのだけど…
    とにかく現状だと良い評価は出来ないな。

    12
    Loading...