Annictサポーターになると広告を非表示にできます。

動画

あらすじ

あの諸葛孔明が!なぜか渋谷に!!
まさかの転生!!!
渋谷で出会った月見英子の歌に心を奪われた諸葛孔明は、英子の軍師として仕える。
そして・・・。
天才軍師の圧倒的無双を誇る知略計略が音楽シーンに新たな伝説を誕生させる。

原作はヤングマガジンまで勢力拡大中の「パリピ孔明」を、まさかのP.A.WORKSがアニメ化。
諸葛孔明役は、三国志のキャラクターを数々と演じてきた置鮎龍太郎。
月見英子役は、本渡楓と歌唱パートはネットで絶大なカリスマ性を誇る歌い手96猫によるダブルキャスト。

予測不能の畳み掛ける驚きの知略計略。圧倒的な心揺さぶる音楽と歌。
溢れる爽快感と止まらない疾走感で贈る
笑えて!エモい!メンタル復活系エナジーエネルギッシュTVアニメが2022年爆誕!

TVアニメ 「パリピ孔明」 4.5 ON AIR
Let’s Party Time.

引用元: https://paripikoumei-anime.com

エピソード

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

孔明がパリピになっちゃうんだとしたらイメージ崩れるから嫌だなぁ…と思ってましたが、そんなことはありませんでした。観ればわかりますが、ちゃんと孔明してます。あとOPとEDがすごくいいです。

才能があるのにチャンスに恵まれずなかなか芽の出ない歌手が、絶体絶命のピンチを孔明のトンデモ策略で切り抜け、チャンスをモノにする流れが痛快です。

孔明はめっちゃ孔明だし、主役の英子はすごいいい子だし、オーナーもいいキャラしてるし、脇役もみんな個性的で、キャラクターに関してはあまり非の打ち所がありません。

英子の武器が「歌のうまさ」なので、劇中で歌われる曲自体は可もなく不可もなく。よくあるポップスという感じで、あまり印象に残る曲はないです。また、歌のうまさってある程度以上はプロじゃないと分からない領域なので、素人には凄みが伝わりにくいのももったいない。まぁこれは題材的にしょうがない部分ですが。

気になったのはそこだけ。そこが大事だったりもするんですが。アニメとしてはかなり面白いので、機会があれば是非見てほしい作品です。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

漫画版は1巻で止まっていたけど(クラブミュージックとかに造詣がなかったから読み進められなかった)アニメは面白く見られた
毎回冒頭で三国志説明入るの良かったし、それの本編の絡ませ方がすごい上手かった、当然ながら作者は相当の三国志好きなんだろうw
個人的に一番良かったのはKABE君周りのエピソードだった
ラップっていうのが教養と頭の回転によるスポーツなのとか、面白さ、良さみたいなのが描写されてて、KABE君がそういうのと縁遠そうなキャラであることもあって、悩みの解決とそのラップへの昇華とかよくできてたと思う
あとKABEくんのラップ上手くて(詩的な意味でも)めっちゃ乗れた

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

タイトルで回避していた自分を殴りたい。
ストーリーこそ標準だが公明の機転がリアリティがあり素晴らしい。音楽に対する造形と三国志の知識がなければこの機転は考えつかない。
出てきた知識 音楽ライブ、三国志、風力学、マネージメント。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

二期期待

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

タイトルもopもどストライクで絶対面白いやつだと思って見始めた。期待通り。
偉人が現代にタイムスリップしてる時点で好き。非主要キャラまで愛おしい雰囲気全般のポップさは体操ザムライ(好き)にも似てるし好き。
前々から読みたいとは思ってたけど改めて三国志勢になりたいと思った。
前半の孔明無双の展開の方が好みだったけど、よりストーリー性の強い後半もそれはそれで良い。個人的にアザリエがどストライクなので、妥当して終わりではなく「悪役はいなかった」という形で全員が前を向く展開はありがたい。

全体
とても良い

★★★★★★★★★☆
rated on myani.li

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
良い
音楽
とても良い

こういう類の作品はあまり好みではなかったんだけど、私のそういう気持ちを塗りつぶす程に良かった!

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
良い

初回の[孔明]が「地獄に来てしまった...」の掴み、めちゃ良かった。
(三国志にわかの)僕が知ってる石兵八陣、3つの袋(趙雲に与えたやつ)、赤壁の弓、などの[孔明]らしい策略も上手く混ぜて良き。

[太人の友達]からの言葉や[七海]の音楽を生業する...といった、音楽の商業性と自分らしさの観点で考えさせられる良作。

ただ、音楽アニメである以上、音楽の好みに依存するため、序盤の音楽はめちゃ良いなと思っていたが、だんだん自分の好みからズレた音楽になってしまった点で評価が落ちた。
あと、後半から[孔明]が裏方に徹するので、[孔明]を主役としてワクワクしていた自分にとっては消化不良になった?


自分用感情可視化

画像エラー

  • 最終評価... [太人]参戦前までで自分の中で[孔明]に対する思いが盛り上がりすぎた?
全体
とても良い
映像
良い
キャラクター
普通
ストーリー
良い
音楽
とても良い

音楽って本当に素晴らしいですねって感じの話。
2期希望。

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
とても良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

流石孔明!最後はみんなハッピーエンドで終わってくれた!10万いいね企画までに積み上げてきたからこそこの感動が凄かった!英子の歌唱力と孔明の軍師としての才能が合わさって最強にみえる!volume2も期待!

全体
とても良い
映像
とても良い
キャラクター
良い
ストーリー
とても良い
音楽
とても良い

あの諸葛孔明が現代に転生し音楽の世界で天下統一を目指す…
あらすじだけ聞くとぶっ飛んだ設定にも見えますが、これが意外とよく合ってました。

本作は音楽が鍵を握る作品なだけあって、音楽やラップの演出にも気合が入っているように感じます。
声優さんとは別に歌唱担当を用意するという方法は、声質が似ていない・キャラクターの印象が変わってしまった…といったリスクが伴うものですが、本作の場合は上手く噛み合っていたと思います。

Loading...