サービス開始日: 2019-01-11 (937日目)

視聴状況

Akira.I が記録しました

金沢市から大黒市へ引っ越してきたヤサコこと小此木優子、そして同時期に同じクラスに転校してきたイサコこと天沢勇子を中心に繰り広げられる物語。
メガネ、イリーガル、古い空間、ミチコさん、4423、そして電脳コイルとは。

どのキャラクターもいまいち好きになれなかったけど、話自体はおもしろかったかな?デンスケがかわいかった。いちばん好き。

Akira.I が記録しました

ノイタミナ枠 単話集、わりと見やすい
モノノ怪を斬るにはその形・真・理を明らかにしなければならない——なので謎解きというか、ミステリー/サスペンスみたいな構成のお話が多かった。

Akira.I が記録しました

四畳半神話大系から続けて視聴、こちらもよい作品!

京都の街で一夜にして繰り広げられる奇想天外な出来事の数々。
後輩である黒髪の乙女に想いを馳せる主人公の青年・先輩。なるべく彼女の目にとまる/通称ナカメ作戦を決行している中で出会う様々な人々を介して紡がれる"ご縁"、彼ら・彼女らの夜はこうして更けてゆく——

Akira.I が記録しました

見終わった時に、本当に小説を読み終えたかのような気持ちになるアニメだった。主人公のナレーションが長いのも、私には心地よかった。とても好きな作品。

薔薇色のキャンパスライフを夢見て大学入学を果たした主人公の少年。数多の勧誘からサークルを選ぶものの、こんなはずでは、どこでこうなった?あの時別のサークルに入っていたなら?そんな無数にある選択と可能性をループし、少年が行き着く先とは——

「よければ、猫ラーメンを食べに行きませんか?」
「はい、なぜだか私はずっとその一言を待っていたような気がします」

Akira.I が記録しました

あんまり盛り上がらなかった…
禁書目録もだけど、悪とか正義とか、ちょっとクドイかな
エステルが好きになれなかった

Akira.I が記録しました

灰の魔女 イレイナの旅路を描いた物語。
1話完結型、ハッピーな話とダークな話で幅広かったけど、まぁ旅ならいろんなことがあるから。最終話のcv1人22役はすごかった。
絵も動きも音楽もきれいで◯、二期やるかな?

Akira.I が記録しました

第1話のつくり方、見せ方がとてもうまい。
それだけで強く惹きつけられて「続きが見たい」と思わせられる作品。最後までおもしろかった。タイトルロゴが非常に凝ったつくりになっている点も◎。
これはおすすめ!漫画も読みたい。

Akira.I が記録しました

後輩が「輪くんの外見と中身のこのギャップが!」と言うので視聴。世界観などは好きだったけど、ここで終わるんかーい!

Akira.I が記録しました

前半のギャグパートはとてもよかった。麻雀回おもしろかったなー。中盤から伏線的な要素も垣間見えてきたあたりで「◯◯なんじゃないか」と考察したオチが、終盤で「ああやっぱり」と。
最後の2話が個人的には うーん 。鈴木少年はよく分からんかった(そういう役割のキャラなんだろうな感が強めな印象)。

Akira.I が記録しました

これはまじで意味わからんかった。
当麻、浜面、一方通行 主人公格が多いし敵味方もなんかちょっとよく分からんし最終話も意味わからんくて笑ったし意味わからんかった。4期ないんですね。

Akira.I が記録しました

原作の7-13巻くらいの話?
話が複雑になってきて登場人物も増える…誰かを助けるのに理由なんかいらねぇってのはいいんだけど当麻のそれは誰でも感が強くてメリハリがないなぁと個人的な感想。

Akira.I が記録しました

超電磁砲のあとに視聴。
なんだかテンポがあまりよくないような。思った以上に当麻がクドいなと思ってしまった…これが噂に聞く男女平等パンチかぁ。

Akira.I が記録しました

シリーズ第三期 大覇星祭編・天賦夢路(ドリームランカー)編
食蜂操祈が意外といいキャラでよかった。

Akira.I が記録しました

シリーズ第二期 妹達(シスターズ)編・革命未明(サイレントパーティー)編
この辺から闇が深くなりつつ。一方通行や上条当麻も絡めて「レベル6シフト計画」へ挑む。

Akira.I が記録しました

無印は先のシリーズの地盤となる要素が盛り込まれた話だったかな?AIM拡散力場、レベル0そしてレベル5,さらにはレベル6…木山春生による幻想御手(レベルアッパー)編。
Only my railgunやっぱいい!

Akira.I が記録しました

時々もどかしさや空回り具合に何とも言えない感情になるけど、それが人間くさくていいのかもしれない?
最後の展開には「ぇえ…?」てなったけども。
あみちゃんみのりん辺りの中間キャラが好きだなー。

Akira.I が記録しました

なんかよく分からないけど
ミステリーパニックBLロボット宇宙復讐劇
だった。

20-21話くらいが1番面白かった気がする。
全体としては、うん フランス小説!て感じで見れば、おもしろい作品だったのかも。
主人公?のアルベールは終始空回り気味で残念だったが、フランツのとこで不覚にも「くそっ…フランツお前ってやつは…!」とウルッとしてしまった。

原作は「モンテ・クリスト伯」というタイトルらしい。黒岩涙香が翻訳して日本では「巌窟王」の名で知られているようだ。
そこに宇宙(SF)要素を足したのがこのアニメ?

Akira.I が記録しました

最初から最後まで泣いてました。
見終わってみてこの作品のすごいと思ったところは、2つの時間軸で話が進んでいくところ。
まずひとつめが冒頭のシーンに出てきた、デイジーのいる"今"。彼女が祖母の葬儀に参加したところから始まりますね。
さて、このデイジーとは誰なのか。まさか…10話の続きがくるなんて誰が予想したか…!
この物語は、デイジーが「ヴァイオレット」という存在を知るところからスタートします。デイジーの祖母の名は「アン」、10話に登場した幼い娘さんです…!(開始5分で泣いた) 当時7歳だったアンが亡くなったとなると、これはテレビシリーズの時代から70-80年は後ですかね?この、第三者視点が加わることにより物語を俯瞰できるようになり「ああ、ヴァイオレットのストーリーは完結したのだな」と実感させられました。この"今"の時代には、ヴァイオレットは、自動手記人形サービスはもう過去のものとして語られていますから。

もうひとつはヴァイオレットたちのいる"今"。テレビシリーズから4年後といったところでしょうか?外伝のわりとすぐ後?恐らくヴァイオレットは17,8歳。
エリカが、7話に登場したオスカーに弟子入りして劇作家になっているのが何とも感慨深い。ヴァイオレットがいつも持っている傘も、オスカーからもらったものですね。

そんな感じで進むんですが、KVなどから見てギルベルトとの再会がメインのストーリーかと思いきや(いや実際そうなんですが)、何でしょうか、あの中盤の「ユリス」のお話は…!!!また!!そうやって!!!いいお話をぶちこみやがって!!!(全力で褒めてる)
このお話があることで終盤での「伝えたいことを伝える」ことの大切さや幸せが高まります…いや…今まででも十分に高められているんですが…
ユリスとのやりとりを見ていると、本当に、ヴァイオレットの感情も表情も豊かになったなと。話し方は相変わらず淡々としているけど、相手の気持ちをこんなにも汲み取れて、表現できるように。

終盤、ギルベルトと会えるかどうか、ヴァイオレット自身にも大切なタイミングで訪れる「ユリス」危篤の連絡。そこでヴァイオレットは言う。ライデンに戻る、と。
ギルベルトは生きていた、だからまだ想いを伝えるチャンスはある。でもユリスは…手紙を届けると約束もしましたしね…想いを届けられて本当によかった…

最後に、ヴァイオレットからギルベルトに宛てた手紙。台詞として読まれなかった一文にはなんと書いてあったのか。
予想はつきますが、主題歌である「WILL」の歌詞に『"あいしてる" と書いた手紙 風に揺れる』とあるので、やっぱりそうなのかなと。海のシーンで、泣きじゃくるヴァイオレットが何かを口にしようとしてましたが、気持ちが溢れるばかりでやはり言葉にはならない。
友人に言われて気づきましたが、〜でした・ました。の文章のあとに進行形で 愛してる と書かれていたら、確かに非常に胸が締め付けられますね…

締めの郵便局の博物館シーン。
飾られていた集合写真にみんなが写っていましたが…外伝に出てきたテイラーも写ってたらしいですね…?!それは気づかなかった。次見るときに注意しなければ…!!博物館の案内人をしているおばあさんは、作中で一瞬出てくる受付の女性だろうなぁ。

個人的には、ギルベルトとヴァイオレットには再会してほしかったですが、恋愛的によりは、もう少し曖昧?な、家族的な?大切な人といったニュアンスの "あいしてる" が好みだったかなと思いつつ、これもこれでよい終わり方であったと。
エンディングのあとに出た指切りの絵もなかなかよかったですねー、ユリスとの指切りは戸惑いもあってか浅い握りでしたが、最後のはしっかり結んでましたね。2人は何を約束したんでしょうか… ヴァイオレットのその後についてはデイジーが軌跡を語るのみではあるものの、恐らく島で幸せに暮らしたんでしょう。そういう演出が、視聴者の想像力に任せられてよいなと感じました。

と、感想を言い出したらくそ早口になりそうなボリュームになってしまいました。テレビシリーズ含めて、いろんな事柄や人との繋がり・積み重ねで出来上がったほんとに集大成だなーと。ありがとう石立監督様、ありがとう京アニ様。

Akira.I が記録しました

原作未読のまま鑑賞。
なんだろう、おもしろかったのだけど「話の途中」感が強かったなという印象。これはテレビシリーズの続きだし、まだまだこれからも続くので実際そうなのだけど。だからそこは百歩譲って致し方なしとする。
煉獄さんメインの話だったけど、テレビシリーズでもそんなに煉獄さん出てきてないからどんなキャラクターなのかあまり分かってないまま観たからか、母親との回想や最後のシーンで泣いたりはしなかった。

そして唐突な猗窩座の登場で「???」
見終わった後に「あいつは煉獄さんを退場させるためだけに登場したのかな?」と、作者の意図的な展開操作というか、そんな風に感じられてしまった。
あと善逸は9割寝てた。

まぁでもあの圧巻な戦闘シーンは映画館で観れてよかったなと。

映像美は相変わらず。はやく続きが観たい!
またテレビシリーズと映画の構成で続いていきそう。

Akira.I が記録しました

方南高校「ストライド部」に入部した主人公たちの青春スポーツアニメ。パルクール的なスポーツを「ストライド」と呼び、インハイとかもある世界観。
展開も悪くないし動きもよい、某テニスやバスケのようなとんでもスキルもない至極真っ当なスポーツもので、個人的にはおもしろく見れた。わりと好きな作品。

Akira.I が記録しました

2期あるらしいですね、やったー。
1期だけだとまとまりがなく、展開としてもわりと中途半端な感じだと思うのでうれしい。
主人公が優柔不断というか、結構フラフラしてしまってるので今後がんばってくれ!(原作未読)

ヒロイン4人いるけど1期は麻美ちゃんの影が薄い。
墨ちゃんかわいい。

Akira.I が記録しました

久々にアニメを見ながら「え?」てなってしまった。
ストーリーの展開に起承転結が見えず、18話くらいから「なんか唐突に新しい章はじまった」感じだった。必要だったかな?
主人公が強いっぽいけど、正直、最初から最後まで無能だったし、空気も読めてないしイキリ散らかしてるし全然 感情移入できなかったのが残念。
周りのキャラクターも手のひらクルクルで、もはや誰が味方で敵なのかも分からない…各々の目的も見えず、最終話もハッピーエンド風だったけど謎すぎた。ゲーム?OVA?見たら理解できたのかな?

Akira.I が記録しました

おもしろかった!キャストも豪華。
ひとつひとつの展開が長いし、最初に入る前回のあらすじも長いし、こんなとこで終わるの?!て最終話だったけど2021年に続編とのことでとても楽しみ。
がんばって早くいいとこ見せてくれ修。

Akira.I が記録しました

すばらしいクオリティ。
原作が読みたい。

Akira.I が記録しました

なんか、うん、王道って感じでした。
久々にあんな悪役らしい悪役を見たような。

前作を見ていないので何ともですが、霊的な話とか和ファンタジー的なわくわくする雰囲気は薄かった…?キャラクターの深掘りもやや足りてない印象。

Akira.I が記録しました

久々に見直し。
運び屋を営むヴァンシップ乗りの少年少女を主人公たちが世界を巻き込んだ戦いに身を投ずるお話…「アナトレー」「デュシス」「ギルド」、そしてどこにも属さない戦艦シルヴァーナ。

最終的にはギルドのデルフィーネを退け、移民船「エグザイル」を起動させてもとの惑星(地球?)へ帰るって話のようなのだけど、作中ではあんまりハッキリとその辺出てこなかったような?エグザイルを求めた勢力のぶつかり合い的な話がメインだった印象?
ディーオがかわいそだった(´・ω・`)

Akira.I が記録しました

久々にこの話数のアニメを見たけど、サクサク見れたのでこれはきっと良作。実際、おもしろかった!原作を読み返したくなった。
マスタング大佐も好きだし、アームストロング少将も好き、イズミ先生も好き、リン&グリードも好き、エドもよかったなー。パキッとしたキャラがたくさんいて好き。

Akira.I が記録しました

ナギさま、ザンゲちゃん、つぐみ みんなかわいい。
ストーリーは原作の半分くらいな印象?ナギさまの正体についてとか、もっとおもしろい部分まで深掘りするなら原作を読んだ方がよろし。

Akira.I が記録しました

すごかった…
あらすじは事前に知った上で観に行ったが、それでもおもしろかった。セイバーvsライダーの戦闘シーンがとてもとてもとてもよかった!
士郎vsバーサーカー、セイバーvsライダー、凛vs桜、士郎vs言峰、盛りだくさんだったけどどれもよかった。そしてイリヤも。泣いた。春に観たかった。。

Akira.I が記録しました

シリーズのつながりとか未予習で視聴。
よく動くし絵もきれい、かっこよかった。